ネットショップ運営Plus

  • ホーム
  • サイト案内
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ネットショップ運営はメリットも多く、店舗を構えると必要となる 賃料や人件費が通販サイトでは不要になり、利益率を上げることができます。

目次

  1. お線香をお供え
  2. 沈香のお線香とはどのようなものか
  3. 香木について
  4. 葬式に参列した際のお焼香
  5. お香を活用して上手に暮らしを豊かにする
  6. お線香独特の問題点を解決する良質な製品
  7. 線香とお香は燃焼時間が違います
  8. 幅広い種類が見られる線香やお香

お線香をお供え

皆さんはお線香をお供えする時に、その意味をきちんと認識してお供えしていますか。あまり知らない人も多い様ですが、できれば意味をしっかりと知ってお線香をお供えしたいですね。お線香は仏教と切り離す事ができないほど密接につながっています。

仏様が好きな物であると言われていたり、または仏様と話をする事ができる、などいろんな言い伝えがあります。これからお線香をお供えする機会があれば、ぜひその意味をきちんと認識しておきたいですね。

そうすると、思いが伝わる様な気がしませんか。そのお線香というのは伽羅や沈香のような香木とタブというものでできております。

沈香のお線香とはどのようなものか

沈香は、日本書紀にその名が記されているほど長い歴史を持つ香木で、インドシナ半島やインドネシアの島々などで産出されています。ジンチョウゲ科の常緑樹から出た樹脂が、長い年月を経て変質し、香りを放つようになったものです。

木そのものが香るわけではなく、熱することで香りが広がります。中でも最高級のものは伽羅と呼ばれ、尊ばれています。お線香は、独特の甘みのある心安らぐ香りです。

値段に差があるのは、沈香はどれも同じというわけではなく、香りによってランクが付けられており、お線香に使われている量と質がそれぞれ違っているからです。

香木について

白檀や伽羅をご存知でしょうか?

白檀や伽羅はインドなどのアジアで産出されていることが多く、お香やお線香の香りの原料になる貴重な木です。

上品な香りがするため大変人気があり、高級なお線香やお香に含めていたり、香木を砕いて利用している場合もあります。根強い人気がある香りです。

ベトナムなどの香木が有名ですが、非常に高額なので購入するのはよほどお金がないと厳しいかもしれません。
香りを楽しむという意味では一般に売られているお香や線香のほうが使い勝手もよく便利です。

葬式に参列した際のお焼香

葬式に参列する時にお焼香をする事が一般的となっています。

しかし、みなさんはお焼香について知っていますか。
前の人のまねをすればいいや、と考えている人もいるのではないでしょうか。

葬式で恥ずかしい思いをしないためにも、しっかりお焼香のやり方を勉強しておきましょう。

葬式でお焼香をするのは故人をお悔やみするという意味があります。
それと同時に自分の身についている”けがれ”を清めるという意味も込められているようです。

お焼香は宗派の違いによって多少方法が違う事があるようです。

お香を活用して上手に暮らしを豊かにする

香りを出す事で毎日の暮らしに彩りを添えてくれるお香。最近では、香立て等の周辺アイテムも可愛らしいものが多く、おしゃれなインテリアとして活用される事も増えてきました。そんなお香を活用したいと思う方は、しっかりと、自分にあった匂いのものを選び用いる事が重要です。

単なる香り、と思うかもしれませんが、匂いは部屋の雰囲気を決めるだけでなく、気持ちや体調も左右する場合があります。自分の部屋にあった雰囲気、そして、自分が共に過ごして気持ちが良いと思える匂いのお香を選択し、その効果を存分に味わえるよう、上手に使っていく事が大切です。

お線香独特の問題点を解決する良質な製品

お線香といえば、ろうそくと共に先祖供養には欠かせないもので、宗派によっては横にする場合がありますが立てるのも一般的です。香炉という容器に灰を入れ、火を付けて刺すように立てます。お線香が長く香炉が小さいと、燃えている間に灰が香炉の外に落ちますので、仏壇が汚れる原因になります。都心のマンション等で、仏壇を使わずカウンターや棚を使う場合は、その落ちた灰が飛ぶことで部屋が汚れてしまいます。

これを解決する製品として、小さい香炉に最適の超短寸のお線香があります。6cm位の長さですが直径が3mm程ありますので燃焼時間は十分の長さです。香炉に横にしても良いし立てても大丈夫です。問題点を解決する良質な製品です。

さらに、立てて使う場合、灰に埋まった部分が燃えずに残ってしまいます。香炉内の灰の手入れを難しくする原因です。この問題を解決するのが、埋まっている根本が最後までしっかり燃える灰です。この2つの製品を使うことで、汚れを気にすることなく、簡単な手入れで先祖供養ができます。試してみてください。

線香とお香は燃焼時間が違います

線香は、日本の昔からの風習で、神様に備えるものとして利用されています。あくまで清めるという仏事的な意味が強いので香りは弱くなっています。形状も短くなっており、燃焼時間は10分前後となっています。あくまで仏事の道具として利用されています。

一方のお香は、香りを楽しむ為に作られているので、原料にいろいろな香料をブレンドしています。香りを楽しむ為に作られているので、形状が長く、1時間以上も燃焼し続ける製品が多いです。部屋でリラックスしたいときに利用されています。

線香とお香は利用目的が異なりますので、燃焼時間にも大きな違いがあります。

幅広い種類が見られる線香やお香

線香とお香の違いについては、それほど大きな特徴が見受けられず、使用される場面や利用方法などへのイメージの違いが大きいとされています。日本国内では、古くから仏事に用いられており、故人へ送る手紙のような感覚ともされてきました。

近年では、海外から輸入されているものや、様々な香りや彩りが見られるタイプのものも多く出回っており、固いイメージが強い仏事においても、より華やかな利用方法が見受けられるようになりました。また、インテリアグッズとして生活に取り入れる方も多く、香りや形状、デザインなど、好みに合わせて利用できます。

お線香の消し方?作法とは?ちょと役立つ豆知識を紹介

お線香の消し方?作法とは?ちょと役立つ豆知識を紹介

公開日:2015/07/28

ベリーグッドマン「線香花火」

ベリーグッドマン「線香花火」Def Tech・Micro氏との共作による、儚い夏の恋を綴ったラブソング。

公開日:2019/09/06

お香や線香についての記事

MENU

TOP 利益率を上げる Tシャツ作成 オリジナルTシャツ 結婚式引き出物 引き出物 SEO ECサイト構築 ホームページ制作 お香 お線香

大量のオリジナルTシャツを作成をしたい企業様、大学のサークル様、より安価にオリジナルTシャツ作成を詳しく知りたい方はこちらからお問い合わせください。

お線香、結婚式の引き出物、seoについて興味のある方は是非ご覧ください。