ネットショップ運営Plus

  • ホーム
  • サイト案内
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ネットショップ運営はメリットも多く、店舗を構えると必要となる 賃料や人件費が通販サイトでは不要になり、利益率を上げることができます。

目次

  1. 線香は安全に使う
  2. お香の原料は何でできているの?
  3. お線香の歴史をたどる
  4. お線香の高級品は桐箱入りが多い
  5. 沈香の香り
  6. 焼香の回数
  7. 多様化しているお香や線香について
  8. お香と線香に見られる違い

線香は安全に使う

お線香は火を使うので、使用している時に危険だと感じる事はありますか。

でも、使い方を誤る事なく正しく使う事で安定して安全に使う事ができます。線香をしっかりと線香立てにセットして安定させる事が大切です。

それでも、安全が気になる人は電気を使った線香を使うといいでしょう。

電気を使った物なら電池を入れて、電源をオンにするだけなので火を使う従来の線香に比べたら安全性は格段にすぐれていると言えるでしょう。

ほんの少しだけ工夫する事で、線香は安全に使う事ができます。

お香の原料は何でできているの?

お香は基本的に、自然に生息している植物から作られます。基本となる素材のみの香りはもちろん、それに様々な原料を足して、多種多様な香りを作り出しています。基本になる原料を「基材」といいます。

これに香りを足して、様々なお香の香りを作ります。一般的に多く用いられる基材は「タブノキ」です。それは、タブノキの香りはほとんど感じられないので、他の香りと混ぜても悪い影響が出ないからです。

タブノキとは反対に、元から香りがする材料を「香木」といいます。香木で一般的なものは「サンダルウッド」です。和名は「白檀(びゃくだん)」と言います。

お線香の歴史をたどる

香は、仏教儀礼と共に大陸から伝わり、日本書紀にも記述がみられるほど、長い歴史を持ちます。最初の頃は、仏のための供香として宗教的意味が強くありました。鑑真によって香の配合技術も伝えられ、奈良時代頃から貴族が日常生活の中で香を楽しむためにも用いるようになりました。

武士が台頭する鎌倉時代になると、香木そのものと向き合う精神性が重視されるようになりました。江戸時代になると、経済力がある町人にまで香の文化が広まり、優れた道具が次々と生まれました。中国からお線香の技術が伝わると、庶民の間にも普及しました。今ではすっかり一般的となったお線香は、現代の生活に合うよう新しい香りが開発されており、まだまだ進化を続けます。

おすすめの線香

好文木のことなら線香お香専門薫りショップ。日本香堂や松栄堂や薫寿堂のお香、線香を販売。贈答用にもご活用ください。

お線香の高級品は桐箱入りが多い

古い時代よりずっと使われている桐箱とは、貴重品を入れるための収納であるという印象があります。一般家庭における身近なものでは、着物用桐箪笥・床の間に飾る掛け軸・冠婚葬祭で使用する数珠・文鎮、他にも茶道具やへその緒などの保管に、また公共施設では美術館・博物館等における文化財や美術品を保管している場合も多いです。

桐は軽くて持ち運びやすく、燃えにくく、湿気に強く、防虫効果もあり、木材として反り歪みが生じにくいなどの特徴により、主に貴重品の長期保存に適しているからです。同様にお線香もご先祖様を供養するための大切なものですので、日本におけるお線香は特に高級品においては桐箱入りとなっています。

贈答品や進物用の線香などは専門ショップのネット通販で購入することも可能です。価格も様々ですので、多くの種類から好みのものを探すことができます。

沈香の香り

簡単に説明するならば、沈香とは樹がバクテリアによって樹脂化し、その樹脂化したところから香りが発生しているものです。

ベトナムやインドネシアなど東南アジアで採取されることが大半で、その中でも伽羅と呼ばれるものが最上級だと言われています。

沈香は、お寺でたかれている代表的な香りで、昔からお線香の香りの材料として広く扱われてきました。お寺で使用されているので、家庭でも仏壇用の線香として使われる方が多いですが、お香としての使い方もおすすめできます。

心を落ち着かせる成分が入っているので、ストレスからイライラしていると感じたときにたいてみるのもいいでしょう。

焼香の回数

焼香の回数にはいつも迷ってはいませんか。自分は3回していたら、周りを見ていると大体の人が2回だったという場合もあるかもしれません。

一年に一度、父の故郷から、菩提寺である浄土真宗の住職さんが報恩講で遠方よりお参りに来てくださるので、その機会に尋ねてみました。
親しい方で、何でも気楽に話ができる住職さんの答えは一度でいいとのことでした。

先日、息子に聞かれた時は、「住職さんは1回でいいと言っていた。だけど皆さん2回しているから」と返答した。

住職さんの言われることだから正しいことなのだが、それをさしおいても周りについ合わせてしまうのが人間の性のようです。

多様化しているお香や線香について

リラックスしたい時に欠かせないアイテムに、お香やお線香、アロマのキャンドルなどがあげられます。昔からのままのイメージに考えやすいですが、実はそれぞれ進化しています。

特にお香は多様化されていて、円錐形のものを中心として、スティック状のものもあります。また、リラックス効果を得られるだけでなく、そのほかにもデトックスの効果や花粉症、蚊をよせつけないものなどがあります。

蚊取り線香が先駆けてありますが、この製品に加えてさまざまなものがあります。生活に潤いが与えられますので、このようなアイテムがあるといいですね。

お香と線香に見られる違い

広く親しまれているお香や線香には、大きな違いが挙げられるようなイメージが抱かれがちです。実際の素材や形状などには、ほとんど違いが見られない反面、使用目的が異なります。

香りを楽しむためだけのものから、仏事に用いられるものなど、区別される事柄を把握することで、より適した使用方法が実現されます。

しかしながら、どちらの目的としても使用方法自体に間違いは無く、様々な工夫を取り入れることによって幅広い使用方法や楽しみ方が挙げられるものでもあります。好みの香りを日常に取り入れることで、豊かな暮らしが感じられることでしょう。

今市の杉線香づくり

日光市は日本有数の杉線香の産地。

公開日:2014/07/03

誠寿堂のお香・お線香「極品伽羅延寿」製作現場

誠寿堂のお香・お線香「極品伽羅延寿」製作現場。

公開日:2014/03/07

お香や線香についての記事

MENU

TOP 利益率を上げる Tシャツ作成 オリジナルTシャツ 結婚式引き出物 引き出物 SEO ECサイト構築 ホームページ制作 お香 お線香

大量のオリジナルTシャツを作成をしたい企業様、大学のサークル様、より安価にオリジナルTシャツ作成を詳しく知りたい方はこちらからお問い合わせください。

お線香、結婚式の引き出物、seoについて興味のある方は是非ご覧ください。